桐の木材

広葉樹(ゴマノハグサ)は北海道を除く日本全国と中国や台湾、北米、南米でとれます。これを桐たんすは材料としています。木材の中では最も軽く発砲スチロールのように空隙が多くあることが要因です。熱伝導率がとても低い木材です。桐の木材は高さ10~15m、直径は大きなもので60㎝余に達し、樹皮は灰白色、葉は円状卵形、花は芳香があり、淡紫色で5月に開花し、10月種子が成熟する木です。桐たんすは、寒さ・湿気・盆地・土壌等々の条件が影響していますが、柾目、板目芸、太い材質と素晴らしい光沢はまさに絶品です。

admin

コメントを送信する

あなたのメールアドレスは公開されません。